現場

企業や会社でも簡単に出来る環境対策や安全対策|油処理剤について

窓ガラスの散乱を防ぐ

作業員

ガラスや窓に飛散防止フィルムを張っているご家庭はあまりいないと言われています。まず、飛散防止フィルムがどんな役割のものかよくわからない人も多くいるのです。そもそも、私達の一番身近で飛散防止フィルムが使われているのは、携帯電話やスマートフォンだと考えられます。携帯電話やスマートフォンの液晶画面は衝撃に弱く、ちょっとしたことでヒビが入ってしまいます。液晶画面が万が一割れても安全のために飛散防止フィルムが貼られていることがあります。

日本は世界でも有数の地震大国で同時に台風も多い国です。いつ地震が襲ってくるのかわかりません。台風の猛烈な強風で自宅の窓に飛来物がぶつかる可能性もあります。安全対策は欠かすことができません。飛散防止フィルムを利用することで危険な窓ガラスの散乱を防ぐことができます。万が一、窓ガラスが割れてしまっても、ガラスの破片が飛び散る心配はありません。ガラスは非常に細かく割れる可能性があります。目で確認しても見落としてしまう危険性もあり、その上を裸足で歩くと足を怪我してしまします。ガラスが多くある会社などは、もっと用心が必要です。もし多くのガラスが割れてしまい、オフィスで飛び散ってしまったら大変なことになります。飛散防止フィルムをガラスや窓に張ることその心配はなくなります。また、飛散防止フィルムを張ることで紫外線もブロックすることもできます。そのおかげで室内のカーテンなども色あせすることはありません。耐久性も10以上と経済的です。企業の安心と安全のために自社に飛散防止フィルムを張ることを検討してみてください。